「超実用瞑想」の名称の由来

「超実用瞑想」の名前の由来は以下である。

 

・日常生活の全ての場面で実際に「実用」可能であること、言い換えると「超実用性」を持つこと

・「実用瞑想」だと一般名詞的な表現になるので「超」を付けて差別化したもの

・抽象的な社会逃避行為と思われがちな瞑想が実生活で有効に使えることを強調するため