こどもと、オトナのための「老子」

老子じいちゃんと至くん

老子が一番好き。荘子も好き。 Taoistは・・・まぁ、お好きにどうぞ(笑)。

老子は、パンクだ。

ありきたりの価値観を持っていけば、目の前でそれを「無」へ放り投げた。

 

老子は、ヒッピーだ。

山の中に隠れ住み、ただ自分の中の「無」に服従して生きた。

 

老子は、究極のナマケモノだ。

自分の名前さえ言うのがめんどくさくて、誰も本名を知らない。

「老子」っていうのは、ただの「じいちゃん」って意味だ。

いつ生まれて、いつ死んだかも分かってない。

そんなもの、この巨大なじいちゃんにはどうでもいいことだった。

弟子達には一言も話さず、ただ黙ってそこに「存在した」。

それだけで弟子達は、空気の様に透明で宇宙の様に広大な教えを受けた。

 

老子は究極のヒネクレモノだ。

話さない事によって話し

教えない事によって教え

存在しない事によって

無限の空間の様に存在した。

 

老子じいちゃんはある日突然、自分の国がイヤになって

水牛に乗ってふらっと国境まで来た

その時役人に引き止められ

「何か教えを書いて下さらないと、ここをお通しできません」と言われ

仕方なく書いたのが「道徳経」

その後の老子の事は誰も知らない

 

老子が居た後の空間には、無限の「道」だけが残った

そこには「老子の不在」が存在していた

 

 

--------------

 

 

実はそのあと

老子じいちゃんは名も無い小さな村の外れに住んで

小さな畑を耕して暮らしていた。

そこで一人の男の子と出会った。

その子の目に並外れた深い知性を見た老子は

初めて「言葉」を使おうと思い立った。

 

言葉は嘘で出来ている。

老子はそれを知っていた。

しかし、言葉は長く後まで残る。

一万人に一人くらい、真実が伝われば

言葉にも価値があるかも知れないと

老子は妥協した。

 

その子の名前は、至という。