若なかま (一部) ランダム紹介

道楽庵が一番たいせつにしている「若なかま」たちのご紹介です(本人掲載許可分のみ)

つながりは、10年かけて育てよう。

道楽庵は、「ひと」を一番たいせつだと考えます。

それは私たちがたくさんの孤独を経験し、孤独の苦しさを良く分かっているからです。

苦しさを埋めるために、お金を集めた時期もありました。モノを集めた時期もありました。知識技術を集めた時期もありました。

どれも何かが足りませんでした。

いまは、「人とのつながり」を集めています。

すてきな人たちとつながること。そのつながりを育てていくこと。

これ以上たのしいことを、わたしたちは知りません。

足りないものは、いつのまにかなくなっていましたお金はちょっと欲しいけど。

10年後に剥がれるメッキは、かけない。

本心は、10年かけて伝わればいい。

10年間もたなければ、それでもいい。

つながりは、10年かけて育てよう。