モリノヒト

 

・・・

 

ただ ある こと

 

しずかに

しずかに

 

ただ、あること。

 

 

ただある とき

ちいさな灯が ともり

 

ゆっくりと

すべてを

あたためていく

 

ただある ものには

いのちが つどい

 

ちいさな灯を

うけついでいく

 

 

ただ、ある。

 

ただ ここに あること

 

 

・・・

 

ひとつの いのちが

ふたつに わかれて

ふたたび であって

 

 

 

 

 

・・・

 

石を

包む

時の

化粧

 

 

・・・

 

水玉の

ひとつひとつに

太陽が

 

 

・・・

 

時を経て

モノはモリへと

帰りゆく