豆とひじきを煮たの

好きな食べ物を挙げていくときりがありません。

塩竃にいるならば、まずは寿司。石窯でエイッと焼かれた熱々のピザ。お洒落して出掛けるフレンチも、気取らず元気に焼肉も……。

家庭料理に至っては数限りなく。ハンバーグにカレー、サンマの塩焼き、ビールに枝豆、肉じゃがもレギュラーですね。母が作っていた料理、名古屋から宮城に嫁いで出会った料理、クックパッドでヒットした料理……。

 

海藻の中では、ひじきが一番好きかも。子供の頃から、リクエストまではしないものの、食卓に上れば箸を伸ばしていたし、大学に入って一人暮らしを始めた時も失敗しながら煮方を覚えたものです。

 

母方に伝わるひじきの味つけは少し変わっています。酒、みりん、醤油にプラス、ちょっと皮を破った梅干しを1個入れるのです。酸味が全体の甘辛さを引き締めて、後味さっぱり。いくらでも食べられます。

 

ひじきが単体で煮られた姿は見たことがありません。あまり美味しくなさそう。脇を固めるキャストがいてこそのひじきではないでしょうか。にんじん、ごぼう、れんこん、切り干し大根、油揚げ。ひじきよ、そこんとこ分かっているかい?

 

私の好きな具は大豆です。甘辛味の染みたひじきにポコポコした食感の大豆。冷蔵庫の状況次第でほかの野菜も入るけれど、豆は外せない。

そんなわけで、我が家の台所に「ひじきと豆がない」という状況はあり得ないのです。

 

乾物って安いんですよ!

 

ひじきは乾物専門店で少し良いものを買っています。で、55g500円。高い?我が家では1回に丼1杯分作るのですが、55gで3回作れます。大豆に至っては300g300円前後。こっちは10回分くらいになるかなあ。

ひじきはともかく大豆煮るの面倒って人いますね。一晩水に浸けて、茹でて…えらい時間かかるじゃんって。

私は豆を買ってきたら、1袋全部深い鍋に入れ、4倍の水を注ぎます。水に浸けてる間は寝てていいんです。翌日その豆と水が入った鍋に蓋をして中火にかけます。沸騰したら蓋を取って弱火にし、15分~25分茹でます。はじめ出てくるブクブク泡は、すくって取ります。

大量の茹で豆ができました!

これを1回使う分ずつの小分けにして、冷凍します。

こうしておけば思い立ったときにすぐ、お手軽に食べられます。

 

「豆って体に良いらしいけど……」と迷ってた人、ポークビーンズにもなるし、カレーで肉少ないなと思ったら豆を入れちゃう。菜っ葉のおひたしに混ぜてもいいし、炊き込みご飯の具にもなります。豆使おうよ。

 

ひじきもね、甘辛く煮ておからに混ぜてもいいです。

あ、おからも大豆だね……そして安い!