第二話:何もないのにあるわけないじゃん