· 

お茶と落語(若おかみ)

古典落語に「茶の湯」という演目があります。江戸時代、町人にも茶道が知られるようになったことが伺える噺です。

 

商売を息子に任せて隠居した大旦那、丁稚の定吉と隠居所で二人暮らしです。何か気の利いた趣味でもと思うところは、昔も今も変わりません。

たまたま茶道具が揃っているというので「風流な趣味」である茶道を始めるご隠居。先生に付くわけではありません。子供の頃に習った(嘘)記憶を辿って、定吉相手にお点前をします。

「茶碗に入れる青い粉、あれは何じゃったかな?」「あっ見たことあります!」と定吉が買ってきたのは青黄粉。「おうおうそうじゃった。伝授にあったわ、ひとつ茶碗に青黄粉を入れるべし、とな」いやいや…

茶碗に青黄粉と湯を入れ、かき回しても泡が立たない。定吉が買ってきたのは椋の皮(洗剤の代用品)。これを入れれば盛大に泡が立ちます。裏千家も真っ青です。

こうしてできた茶を「定吉お上がり」「いえ旦那様から」…

茶の湯に夢中になったご隠居、今度はお客を呼びたくなります。大家の自分に抵抗できない長屋の住人に招待状を送りました。作法なぞ知らないが恥もかきたくない江戸っ子の住人たち。かといって大家の誘いを断るわけにもいきません。こうなったら引っ越してしまおうと長屋中大騒ぎです。

観念して茶室に揃った住人たち。かの怪しいお茶が振る舞われます。さあどうする…?

 

多くの落語家に演じられ、様々な「茶の湯」が楽しめます。私が今好きなのは爆笑系の立川志の輔。落語に馴染みのない人にも聞きやすい噺になっています。

お茶の場面は出てきませんが、茶碗を巡って騒動になる「はてなの茶碗」「井戸の茶碗」もおすすめ。ウルトラマン世代には、柳家喬太郎「歌う井戸の茶碗」が抱腹絶倒間違いなしです。