· 

松果体、ヤバい。

 

今のうちに、特許取っとく?

超実用瞑想において重要な要素に「松果体への意識の集中」がある。

これは色々な意味で「ヤバい」。本当にヤバい。

 

1.まず、この瞑想法を提案している人は、私の知る限り誰もいないように思われる。

似たような瞑想法はあるかも知れない。しかし、これだけあからさまにピンポイントに「松果体への集中」を謳っている方法は、私の知る限りは無い。ネットでも検索するが、これとは別の松果体活性化の間接的方法が出てくるだけだ。「具体的松果体瞑想の実践方法」は少なくとも私の検索範囲でネット上には出ていない。出ていたら是非教えて欲しい。

 

2.そして、この瞑想法がハマった時の「効き目」が物凄い。一瞬で覚醒する。

それまでの何十年の瞑想経験はぶっ飛ばされてしまう。しかもコツさえ覚えればごく簡単である。

今「覚醒する」と言った意味は、「思考が無くなる」という、覚醒の一番最初のレベルに到達できるという事だ。脳波が静まる事と言ってもいい。

 

多くのスピ人と同様に、私も以前は「自分は覚醒している、悟っている」と思っていた。自分の覚醒度を言葉で自慢したくてたまらない時期だ。しかしそれは言葉の知識と一瞬の神秘的体験の組み合わせに過ぎなかった。

頭の中は思考だらけ、脳波は乱れっぱなしで、継続的な意識が覚醒していないのでそれに気付く事も出来ない。

 

本当に脳が静まると、今までの自分は幻の様に見える。とにかく静かで落ち着き、体も心も軽く深く快適になる。問題が問題で無くなっていく。

 

3.しかし、この瞑想法は「諸刃の刃」にもなる。頭部の異常や精神的困難を抱える元になる可能性がある。

その為、私の瞑想においては頭部に異常や不快感を感じたらすぐ中止し、「明け渡し」に戻る様に指示している。

松果体の開発の前に、正中線・丹田・明け渡し等しっかりと「エネルギーを下に降ろし、空間に広げる」事をやっておかないと松果体は根無草になって暴走してしまう。その結果、頭部の痛みや発熱、幻覚・幻視、悪いイメージがすぐに可視化・実現化してしまうなどネガティブな状態になる。

以前ヨガブームの時、「ヨガ病」と言って様々な歪みを抱えたままクンダリーニ(生命エネルギー)を覚醒させてしまい、精神異常になる者が続出した事がある。その当事者の記録によると、これは相当な地獄らしい。

 

松果体への集中に限らないが、精神が危うくなりそうな時の「逃げ場」になるのが丹田である。心に恐怖が湧いた時、丹田に意識を集中させると冷静さを取り戻す事が出来る。これは侍が真剣で戦う時のメソッドでもある。

 

丹田を開発しておかないと、恐怖や不安や疑いや嫉妬といった感情にいちいち振り回されて、「やっちまった」人生から抜けられない。「やっちまった」ら取り戻すのに膨大な努力が必要だし、大抵の人は取り戻す前にまた「やっちまう」のである。後には後悔しか残らない。

 

丹田が無いからである。

 

4.この「松果体集中」の実生活での有用度が物凄い。

生きる上での最強の武器になる。平均的な人間を超えた存在になってしまう。

 

例を挙げよう。

 

①ヨメがご意見を持って来られて、わたくしの頭部に血液が昇らんとしているまさにその時に、その事に「気付く」。

 

そしたら、「我、昇らん!」と勇み立つ血液たちを尻目に、自分は松果体への意識の集中を決め込む。

そうすれば見よ。昇らんとする血液たちはスゴスゴと退散していくではないか! 

 

これにより、頭部に血液が充満しているヨメに対して、圧倒的有利な立場で戦略を練る事が出来る。

戦に勝利する事は目に見えている。

 

②人間の視覚的特性により、己の人体幅への錯覚が起きる。

おぉ、その錯覚によりあなたは己の小指を箪笥の角にぶつけてしまった!

 

いつもなら激痛で飛び回り、行き場のない憤りを絶叫で表現する所であるが、激痛が起きるその瞬間に「気付く」。

 

そしたら激痛で飛び回らんとする己の意思を尻目に、自分は松果体への意識の集中を決め込む。

そうすれば見よ! 激痛は単なる痺れと鈍痛に変わり、あなたは冷静に己の足を眺め、今からやろうとしていた洗濯物の取り入れを粛然と行うことが出来るであろう。

 

これにより、激痛に己を支配され飛び回る事と絶叫による周囲の振動・騒音被害を未然に防ぐ事が出来るのである。おぉ!

 

③社会生活に必然的に伴う諸事情により、己の望みに沿わない事象に遭遇しその事象を己の思考の中で延々と反芻している状態、一般的に「ムカつく」と言われている状態の時、「ムカついている自分」に「気付く」。

 

そしたら、「我、もっと反芻し、もっとムカつく事によりあいつを非難せん!」といきり立つ思考を尻目に、松果体への集中を決め込む。

そうすれば見よ! 「ムカつき」は突然その力を失い、意気消沈して逃げ去ってしまう。

 

これにより、あなたが「ムカつき」に費やす膨大な時間とエネルギーは方向を変え、問題の具体的な解決方法を探る事へと動き始めるであろう。あなたへの周囲の評価は一気に上がり、「シブい、頼れる大人の男」または「冷静で知的で素敵な女性」という評価を得る事は必須である。

 

松果体マジヤバい。本当は教えたくないかも。

でも、誰か同じ仲間がいないと、退屈でしょうがない世界になっちゃうからなぁ。


「ムカついた」?

なら松果体に集中してみよう!