· 

2021年の般若心教

 

その朝、起きたら

全ての名前が無くなっていた

 

・・・・・!!

 

正確に言うと

名前というものがあるのは知っているが

物事と名前を関係付ける意識が無くなってしまった

 

僕は目が覚めた

いや、「僕」が目覚めた訳ではない

「名前のない何か」が目覚めた

 

ここに存在するエネルギーが一時的に「僕」という肉体の様なものになって

そのエネルギーが動き始めた

 

僕は居なくなった

そこにはエネルギーだけがあり

それは生き生きと脈打って動いていた

血液の動き 感情の揺めき 頭の中の言葉たち

 

僕は布団の中でじっとしていたが

肉体の中の様々な流れは

ダンスを踊っていた

 

周りを見ると

部屋とベッドと机があったが

部屋もベッドも机も無かった

そこには「名前のない何か」があった

 

ただエネルギーだけがあり

部屋もベッドも机も僕も

何の境界線も無かった

 

僕はそのエネルギーの波の一部となり

羊水から出たばかりの赤子の様に

「名前のない何か」と踊っていた

 

「机」と呼ばれている

「名前のない何か」を見ると

それは木の命であり、生きている存在であり、エネルギーだった

それは無言の言葉で多くを語り

威厳を持ってそこに存在していた

 

同時にそれは

「名前のない何か」の一時的な形であり

実態は何も無く、ただ今の瞬間は「机」というダンスを踊っていた

 

世界はマーブルだった

様々な色が水面で混じり合って

一つになって踊っていた

 

ただ、名前が無くなっただけで。

 

僕はいつもの様に外に出てみた

いつも通る道の並木は

昨日とは全く違っていた

道も人も並木もなく

ただ、「名前のない何か」が踊っていた

 

太陽の光は

今まで作られたことのない

もう二度と作ることの出来ない

 この瞬間だけの色を生み出し続けていた

 

何という色の氾濫

何という美の横溢

こんな贅沢な場所に僕はいたのだ

それに気づくこともなく

 

友人が話しかけてくるのを

モニター画面を見る様に見ていた

そこに友人は無く

「名前のない何か」があった

 

僕たちは一つのエネルギーだったが

二つのフリをして滑稽な芝居を演じていた

友人は

自分が「名前のない何か」の美しい結晶だとも知らずに

愚痴をこぼしていた

僕にはそれが

100光年彼方の出来事に聞こえた

 

その話の内容の数百倍のリアルさで

「人の存在そのもの」という奇跡が

僕を圧倒していたからだ

 

周りを見ると

奇跡以外のものは何もなかった

 

ただ、名前が無くなっただけで。

 

名前が無くなると同時に

知識も無くなり

過去も消え去った

 

ただ、この瞬間に生まれたばかりの

「名前のないもの」とのダンスだけがあった

 

赤子が寝床で手足を動かす様に

僕は自分の肉体の存在を確認し

それが動く奇跡を

驚いて見つめていた

 

そのうちに僕は気付いた

僕は存在していないが、存在していると

 

肉体としての僕はただ「名前のないもの」のダンスの一部だけど

それを「見ている」僕は確かに存在していた

 

名前としての僕は何の実態もなかったけど

「名前のないもの」とのダンスを「楽しんでいる」僕は確かに存在していた

 

僕は「見る者」であり「楽しむ者」として

「名前のないもの」の中に存在していたが

「名前のないもの」が僕に直接触れることは出来なかった

 

僕は別の所に存在していた

 

何という自由

何という解放

 

ポップコーンを食べながら

ディズニー映画を見る様に

僕は生き始めた

 

スクリーンで何が起ころうが

実際は何も起こっていない

ただの楽しいダンス

 

増えたり減ったりしてるように見えるけど

全体では何も増えも減りもしない

ただの楽しいダンス

 

生まれたり死んだりしてるように見えるけど

誰も生まれも死にもしない

ただの楽しいダンス

 

綺麗なものも

汚いものも同じ

ただの楽しいダンス

 

それはディズニーよりも

遥かに精密に作られた

架空のリアル

 

この映画は観客になるに限る

なぜなら俳優たちは悲惨の一言

 

「名前のないもの」に名前をつけてしまったばかりに

生き生きとしたこの全体の

ほんの一部を写真に撮って

その写真がリアルと勘違いしている

 

増えたり減ったり

生まれたり死んだり

綺麗になったり汚れたり

何も起きていないのに大騒ぎ

それはスクリーンの上の

ただのマーブル模様

 

意識というポップコーンと

ハートというコーラがあれば

この楽しいディズニーの観客になれる

その為の一番簡単な方法

 

ただ、名前をなくせばいい。

 

転載自由